大阪府羽曳野市野の特別養護老人ホーム アンジュは、ご利用者さまとご家族の笑顔を大切にします。

特別養護老人ホーム

ご利用者さまひとりひとりを家族だと思い、
愛情を持ってサポートします。

nursing-home_04

アンジュで過ごされる時間は、ご利用者さまの人生の中の大切な時間。
「あんなことをしたい、こんなことをしたい」を、最大限に実現していただけるように努めています。

line_01

心身共にリフレッシュし、
前向きな気持ちになって頂ける、お風呂の時間

入浴すると、生活にリズムができ、こころをリフレッシュできます。アンジュの大きな浴槽でリラックスし、前向きな気持ちになって頂けるお風呂の時間を大切に考えています。「足を延ばして入れますよ」、「お風呂に入ると気持ちいいですよ」などのお声掛けをしてご利用さまに積極的にお風呂を楽しんで頂く雰囲気作りにも努めています。「もう少しシャワーの温度を上げて欲しい」、「体のこちら側を洗ってほしい」など、ご利用者さまのご要望を伺い、その場で対応できる良い機会ですので、スタッフもできるだけの対応をさせて頂いています。特にお風呂を楽しみにしているご利用者さまの場合は、長湯にならないように配慮していますが、多少の延長などは柔軟に対応しています。お風呂でしか生まれないご利用さまとのリラックスしたコミュニケーションもあり、「痒かったところを対応してくれたありがとう」「背中流してくれてありがとう」などの感謝のお言葉は、スタッフにとって嬉しく、やりがいを感じる時間です。

line_01

朝の整容は、新しい一日を迎える大切な時間

朝の整容は、一日の始まりなので、まず、元気よく挨拶させて頂いています。 気持ちの良い一日を過ごして頂くために、特に女性のご利用者さまに対しては、いつまでも女性らしくいて頂くために、髪をとかす、ご希望通りの髪型でセットさせて頂く、まゆげを揃えるなどの対応を丁寧にさせて頂いています。さらに、ご利用者さまがお一人おひとり自分らしく個性的に過ごして頂けるよう、服装選びも含めていっしょに楽しくサポートしています。「ベッピンさんになられましたね!」とお声掛けできるよう、対応させて頂いています。

line_01

楽しく開放的になれる、おやつの時間

昔からたこ焼きが大好きで「どうしてもたこ焼きが食べたい」というご利用者さまがいらっしゃいました。 散歩の時間に、いっしょにたこ焼きを食べにお連れしました。「今日たこ焼きを食べに行きますか?」とお伺いしたところ「やったー!」と大変喜ばれ、食べに行く時間を待ちきれない感じでした。お部屋にこもりがちなご利用者さまであったせいか、外出できてたこ焼きが食べられた事を非常に喜んで頂き、アツアツのたこ焼きを「フーフー」しながら「おいしいおいしい」と召し上がられました。施設への帰りに「また、連れて来てな!」とおっしゃられたので、「また食べに来ましょうね」と約束をしました。それがきっかけとなり、施設内でメたこ焼きパーティーモを実施するようになり、他のご利用者さまにも大変喜ばれています。

line_01

ご利用さまが開放的な気持ちになる、散歩の時間

施設のベランダで必ず土いじり、枯れた花を摘む方がいらっしゃいました。こどもの時から畑をお持ちで、畑仕事をされていたご利用者さまです。ご自身の幼少期を思い出されながら、施設のベランダのプランター等の手入れを楽しんでいらっしゃいました。また、そのご利用者さまはいつも「何かお手伝いできることは無いですか?」とスタッフに聞かれる方でした。土をいじる事、花を手入れすることに愛情を持って作業されている感じでしたので、施設のベランダの水やり、プランターの手入れを手伝って頂けませんかとお願いしたところ、とても喜んでお手伝いしていただけるようになりました。人生で培った経験を活かす場を持っていただけたことで、生きがいを持たれ、生きいきと過ごして頂け、他のご利用者さまもスタッフも、手入れが行き届いたプランター等でこころ癒される時間を持てるようになりました。

line_01

就寝前には、さまざまなサポートを!

就寝前の時間は、ご利用者さまが気持よく寝ていただけるよう、さまざまなサポートをさせて頂いています。一人では寂しく眠れないご利用者さまがいらっしゃいました。 スタッフの詰所に一晩に何度も話しかけに来られる状態でした。まず、あたたかいお茶とおかしを召し上がって頂きながら、お話しした結果、少し落ち着かれたので、利用者さんのお部屋までお連れしました。 しかし、5分後には、寂しくなり、また、詰所に来られました。「自宅では、一人で寝たことが無い」方でしたので、しばらく「お家ではどなたと寝ていらっしゃるのですか?」と声掛けし、ご家族との大切な想い出などのお話しをしていると、安心した寝顔で眠りにつかれました。私どもの対応を信頼し、安心して眠りについて頂けた事がとても嬉しかったです。

line_01

食事の時間は、いちばん楽しい時間

食事は、一日の中で楽しみにして頂いている時間です。季節を感じる事ができる食事は、生活の季節性を感じて頂くためにとても大切です。毎日の食事を最大限楽しんで頂けるように、スタッフ一同努力しています。

女性のご利用者さまの中には、「自宅だったら何でもつくりたい時に料理して食べているが、施設ではその日出てくるものを食べなければならない」と、不満を感じる方もいらっしゃいます。ご自宅での生活に少しでも近づけ、“食べる楽しみ”を感じて頂けるご提供メニューに加え、ご利用者さまのリクエストを伺いながら、シーズン毎にバイキングを導入、食事の選択肢を増やし楽しんで頂けるようにしています。バイキング実施日は、何日も前から掲示してご利用者さまにお知らせするのですが「あと何日でバイキングの日だ」と大変楽しみにして頂いています。バイキングでは通常のメニューに加え、自分が食べたいものを自分で選べることを笑顔で喜んで頂け「次はこんなメニューにして欲しい」などのリ クエストも頂いています。食事は、利用者さんの大切な想いでに繋がっていますので、ご利用者さまの食べたいものは、出来るだけご提供させて頂きたいと考えています。

line_01

生きいきとした笑顔が生まれる、レクリエーションの時間

日頃から自主的に体操をされるご利用者さまがいらっしゃいました。スタッフのお手伝いを積極的にしてくださる方でしたので、「今から体操するので、みなさんの前でお手本を見せて下さい」とお願いしたところ、即座に「それでは、皆さん体操を始めましょう」とご挨拶から始められ即席体操教室が誕生。体操を披露して頂きました。そんな時のご利用者さまは、生きいきとした笑顔で、とても楽しそうです。この方が積極的に披露していただいたことで、ご利用者さま同志の連帯感が生まれ、和やかな雰囲気の中、とても楽しいリラックスできる体操の時間を過ごすことができました。

利用者さまが得意とされていることを通じて、スタッフやご利用さま同士の間でこころが繋がる機会を、どんどんつくって行きたいと考えています。

nursing-home_03

line_01

マイナビ エントリー受付中!

アンジュとは?

スタッフ募集

入所までの流れ

お問い合わせフォーム

健康を楽しむコーナー

イベントレポート

アンジュ新聞

交通アクセス

大阪府羽曳野市の特別養護老人ホーム「アンジュ」。デイサービス、ショートステイ、特養、看護などの指定介護福祉施設サービスを、ご利用者さまとご家族さまの立場に立ってご提供しています。
PAGETOP
Copyright © 特別養護老人ホームアンジュ All Rights Reserved.